マレーシア法人の納税について

皆様、お世話になっております、
東京コンサルティングファーム マレーシア の安孫子で御座います。

今回は、マレーシアでの法人の納税について、具体例を基にご説明させて頂きます。
下記、詳細を記載させて頂きます。

 

〇納税義務者

マレーシアにおける法人の居住性について、管理支配地主義によ居住地が決定されています。
通常、マレーシア国内において会社法に基づき設立された会社は、日本などの外国資本であってもすべて居住法人として扱われます。

しかし、マレーシアの会社法に基づいて設立されたとしても、マレーシア以外の外国で株主総会や取締役会が開催され、かつ業務執行の運営・管理が行われている場合には、マレーシアの所得税法上、非居住法人となります。

マレーシアの税制上、居住法人は優遇されており、非居住法人は新会社に対する免税措置、国外源泉所得に対する免税措置、二重課税回避条約に基づく源泉税等の減免が適用されません。
また、居住者の判定は、賦課年度ごとになされています。

 

〇課税年度

マレーシアにおける法人所得税の課税年度は、原則として事業年度基準になります。事業年度は会社ごとで設定することができます。

 

〇課税所得

課税対象となる基準は、マレーシアで所得を得ているか否かです。

マレーシアにおける法人所得税の納税義務者は、マレーシアで設立された法人・組合、および外国の法律により設立された法人・組合であり、マレーシア国内で事業を営むものとされており、これを属地主義(Territorial Basis System)と言います。マレーシア国内所得および海外所得のうち、マレーシア国内で受取る所得はすべて課税対象になります。

マレーシアにおいて課税対象となる所得は、次のとおりです。

  • マレーシアで生じた所得
  • マレーシアで稼得された所得
  • 国外源泉所得のうちマレーシアで受領された所得

ご質問やご依頼が御座いましたら、ぜひともお問い合わせ頂ければと存じます。


Wiki-Investment 

~ 『海外投資の赤本シリーズ』、待望のデータベース化! ~ 

海外進出の対応国数30か国 ビジネスサポート企業数550社以上!!
新興国を中心に海外ビジネス情報(会計、税務、労務、基礎知識、設立、M&Aなど)をまとめたデータベース!

各国のビジネス基礎情報に加え、最新の法改正やアップデートについて、逐一更新しております!
以下、URLより無料会員登録(24時間お試し)も可能ですので、ぜひご覧ください!
URL:https://www.wiki-investment.jp


東京コンサルティングファーム マレーシア拠点 / Tokyo Consulting Firm Malaysia
安孫子 悠治 (abiko yuji)


E-mail:abiko.yuji@tokyoconsultinggroup.com

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、
最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社
(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co.,Ltd.)は
一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください。

関連記事

マレーシアにおける就労ビザ取得に関して

マレーシアにおける解雇制度に関して

ページ上部へ戻る