マレーシアの駐在員事務所更新について

皆様、お世話になっております、
東京コンサルティングファーム マレーシア の安孫子で御座います。

今回は、マレーシアの駐在員事務所の更新に関してご説明させて頂きます。下記、詳細を記載させて頂きます。

 

■ 駐在員事務所の更新手続

現地法人と異なり、駐在員事務所の設置期間は限られています。

 

MIDA当局の定める駐在員事務所の設置可能期間は最高5年までとされており、2年、2年、1年という形で更新することができます。
認められた活動期間(一般に2 ~ 3年)が経過した時点で、駐在員事務所の延長の是非を検討します。

延長が可能な場合もありますが、必要性を立証できず延長を拒否されるケースも多くあります。
将来の工場建設の事前調査、その他マレーシアにとって有益と認められる活動を目的とした非営利活動に関しては、認可される傾向にあります。

駐在員事務所の延長認可の条件としては、以下が挙げられます。

  •  活動内容は、マレーシアにおける投資や原材料・部品調達に関する情報収集、事業企画、研究開発、関係会社間のコーディネート、および本社への報告とし、直接商取引に結びつくような営業活動を行ってはならない
  •  認可期間の駐在員の就労には、マレーシア出入国管理局から正式に就労ビザ(Employment Pass)を得る必要がある
  •  独立した事務所を構え、設立後1 4日以内に事務所の住所をMIDAに通知する
  •  駐在員事務所・地域事務所であることを明示した看板の掲示をする
  •  毎年活動報告書をMIDAに提出する

ご質問やご依頼が御座いましたら、ぜひともお問い合わせ頂ければと存じます。


Wiki-Investment 

~ 『海外投資の赤本シリーズ』、待望のデータベース化! ~ 

海外進出の対応国数30か国 ビジネスサポート企業数550社以上!!
新興国を中心に海外ビジネス情報(会計、税務、労務、基礎知識、設立、M&Aなど)をまとめたデータベース!

各国のビジネス基礎情報に加え、最新の法改正やアップデートについて、逐一更新しております!
以下、URLより無料会員登録(24時間お試し)も可能ですので、ぜひご覧ください!
URL:https://www.wiki-investment.jp


東京コンサルティングファーム マレーシア拠点 / Tokyo Consulting Firm Malaysia
安孫子 悠治 (abiko yuji)


E-mail:abiko.yuji@tokyoconsultinggroup.com

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、
最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社
(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co.,Ltd.)は
一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください。

関連記事

マレーシアにおける社会保証制度

マレーシアの定款に関して

ページ上部へ戻る