マレーシアでのハイテク産業のインセンティブに関して

投資環境・経済

皆様、お世話になっております
東京コンサルティングファーム マレーシア の安孫子で御座います。

 

今回は、マレーシアでのハイテク産業のインセンティブについてご説明させて頂きます。

ハイテク産業は製造業部門における奨励業種とされています。
下記、詳細を記載させて頂きます。

 

〇 製造業―ハイテク産業におけるインセンティブ

[ ハイテク産業]

ハイテク産業の業種は下記のとおり定義されます。

  •  コンピュータ産業の開発およびデザイン
  •  医療機器、化学機器の開発およびデザイン
  •  バイオテクノロジー
  •  先端材料(ポリマー、生体高分子、ナノ粒子)・ 代替エネルギー技術
  •  鉄鋼

 

さらに、優遇措置を受けるためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • マレーシア国内における総売上のうち、研究開発費の割合が少なくとも年間1%以上あること
    (この条件を満たすまで事業開始から3年間の猶予がある)
  •  全従業員数のうち、大学卒業資格あるいはディプロマ(短大・専門学校卒)を取得し、かつ関連分野で5年以上の経験を有する化学・技術系のスタッフが、少なくとも全従業員数の15%以上在籍していること

 

ご質問やご依頼が御座いましたら、ぜひともお問い合わせ頂ければと存じます。

https://kuno-cpa.co.jp/お問い合わせ


Wiki-Investment 

~ 『海外投資の赤本シリーズ』、待望のデータベース化! ~ 

海外進出の対応国数30か国 ビジネスサポート企業数550社以上!!
新興国を中心に海外ビジネス情報(会計、税務、労務、基礎知識、設立、M&Aなど)をまとめたデータベース!

各国のビジネス基礎情報に加え、最新の法改正やアップデートについて、逐一更新しております!
以下、URLより無料会員登録(24時間お試し)も可能ですので、ぜひご覧ください!
URL:https://www.wiki-investment.jp


東京コンサルティングファーム マレーシア拠点 / Tokyo Consulting Firm Malaysia
安孫子 悠治 (abiko yuji)


E-mail:abiko.yuji@tokyoconsultinggroup.com

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、
最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社
(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co.,Ltd.)は
一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください。

関連記事

マレーシアで人材を雇用する際の方法について

マレーシアにおけるビザに関して

ページ上部へ戻る