日本への会計報告について/Financial Reporting to parent company

 

 

今週は、日本への会計報告ついてです。

 

Q.

当社は日本の上場企業であり、タイに子会社があります。日本の経理担当から、毎月、四半期、年次の会計報告を求められていますが、留意点はありますでしょうか。

Our firm is listed company in Japan and have subsidiary in Thailand. Monthly/Quarterly/Annual financial reporting is required from accounting department of parent company. How should we manage that report?

 

A.

親会社への報告資料については、日本において対外的に報告義務のあるものか、社内的な資料かによって求められる情報が異なります。

There are two type of financial report to parent company in general, which are external reporting related with listed company and internal reporting.

 

日本の上場企業では、年次・四半期決算報告書の提出義務があります。以下は一般的な報告内容です。

Annual and quarterly financial reporting is required to listed company in Japan. The general information that includes in those report is below.

 

・会社情報及び会計方針/The company’s overview and accounting policy

・連結仕訳(関係会社間取引)/Consolidated journal entry(transaction with affiliated company)

・科目明細(売掛金、滞留在庫、固定資産、借入金、担保資産等)/Description of each account(AR, Debt stock, Fixed asset, debt, pledged asset etc.)

・財務諸表及び関連資料(在庫明細、固定資産台帳、顧客別売上・売掛金、修正申告明細等)/Financial Statement and other financial information(Inventory list, Fixed asset list, sales and AR list for each customer, detail of revised return etc.)

 

タイで取り扱っている会計ソフトからの取得が用意であるか、別途システム/エクセル等で管理が出来るかを確認する必要があります。

It is needed that the company make sure that if the company can export information above from current installed accounting software or prepare using other system/Excel.

 

以上

東京コンサルティングファーム

長澤 直毅

nagasawa.naoki@tokyoconsultinggroup.com

 

関連記事

登録資本金と払込資本金について/Registered capital and Paid up capital

貸付および保証人について/Loan and Guarantor

運営会社HPはこちら

2019-10-23

東京コンサルティンググループ

カテゴリー

↓チャンネル登録↓

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

453人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る