登録資本金と払込資本金について/Registered capital and Paid up capital

 

 

今週は、登録資本金と払込資本金についてです。

 

Q.

タイ法人の設立時に、登録資本金を1,000万バーツで設定しましたが、当面200万バーツの支払だけを払い込みたいと考えていますが、可能でしょうか。

Our firm incorporate Thai subsidiary with 10 million THB registered capital, but we would like to pay 2 million at first. Is that possible?

 

A.

タイには登録資本金と払込資本金の2つがあります。登録資本金は、商務省に登録する会社の資本金枠となります。登記の際の手数料は登録資本金に応じて決められています。登録資本金が高くなるほど、手数料が高くなります。

There are two capital in Thailand, registered capital and paid up capital. Registered capital is a limit of capital to register to DBD. Government fee for incorporation depends on registered capital.

 

登録資本金全額を支払わないことは可能ですが、その場合登録資本金の25%以上を払い込む必要があります。貴社では登録資本金が1,000万バーツですので、250万バーツ以上の払い込みが必要です。登録資本金に対して何パーセントの資本金を払い込むかは、登記時の書類に記載をする必要があります。また、タイ国法人としての設立の場合には、払込資本金の51%以上がタイ資本である必要がある点にも留意が必要です。

The company can pay some part of registered capital, but the company need to pay over 25% of registered capital. Then your firm need to pay over 2.5 million THB, since registered capital is 10 million. The company need to specify the percentage of paid up capital in the form of incorporation. And the company that will be Thai company with manger Thai capital need to pay over 51% Thai capital.

 

なお、BOI奨励を受けている場合、事業の開始前に登録資本金全額を払い込む必要があります。

In addition, in case the company obtain BOI certification, the company should pay 100% of registered capital before operation.

 

 

関連記事

各種手当の課税・非課税の取り扱いについて/Taxable and Non-taxable for allowance

日本への会計報告について/Financial Reporting to parent company

運営会社HPはこちら

2019-10-23

東京コンサルティンググループ

カテゴリー

↓チャンネル登録↓

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

454人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る