タイ入国(ビジネス目的)における必要なビザの種類について

皆さま、こんにちは。
東京コンサルティングファームタイ法人の植村です。

タイでの駐在任期を控え、引き継ぎについてお問い合わせを多く頂いております。
今回は、ビザの内容を詳しく説明していきたいと思います。

 

タイの入国には、目的に合ったビザ(就労ビザ、ビジネスビザ、家族ビザ、教育ビザ、観光ビザ等)でのタイ入国の他、日本国籍者を含む56ヵ国の国籍者は、30日以内の観光目的での入国の場合は、無査証(ビザなし)でのタイ入国も認められています。
(※2020年12月22日から2021年9月30日までの間は、30日間滞在が許可される観光ビザ免除は、45日間滞在が許可されています。)

 

今回は、ビジネス目的でタイへ入国する際に必要なビザについて、説明していきたいと思います。

タイでのビジネスの内容によって申請ビザが異なります。
一般的に、申請で多いのは、就労ビザになります。

 

①就労ビザ(ノンイミグラント-B (就労/ワーキング))

タイ国内で就労する場合(または就労と判断される業務を行う場合)は、原則として就労ビザの取得が必要となります。
ビザの有効期限は、発行日から3ヵ月であり、入国後の滞在可能日数は、90日となります。

 

②ビジネスビザ(ノンイミグラント-B (ビジネス/投資家) )

タイ国内にいる、事業提供者との会合または商談のみを行う場合は、ビジネスビザの取得となります。
こちらも就労ビザ同様、ビザの有効期限は発行日から3ヵ月であり、入国後の滞在可能日数は、90日となります。

 

短期出張の場合でも、事業提携者との会合や商談以外の業務が含まれる場合は、原則として就労ビザの取得が必要となります。

日本(またはタイ国外)で取得したビザの有効期限と、タイ入国後の滞在有効期限と間違えてしまうケースもありますが、「ENTER BEFORE」と書かれた日付(※以下赤枠参照)が、日本(またはタイ国外)で取得したビザの有効期限となっています。

タイ入国後の滞在有効期限は、タイ入国管理局が、長方形スタンプと、ビザの種類、滞在有効日を記載してくれますので、日付をご確認ください。

 


~▶YouTuberになりました!~

弊社YouTubeチャンネル『久野康成の毎日が有給休暇!!』を開設いたしました!

「久野康成の毎日が有給休暇!!」では、代表の久野が作った365の金言を
『久野語録』として日めくりカレンダーにまとめ、内容を毎日解説していきます。

チャンネル名にある通り、「毎日が有給休暇」になるような生き方のツボとコツを発信しておりますので
ぜひ一度ご覧頂ければと思います!

また、代表の久野が執筆した
『国際ビジネス・海外赴任で成功するための賢者からの三つの教え 今始まる、あなたのヒーロー』
の解説を、執筆者自らが行っている「賢者からの3つの教え」シリーズもぜひご覧ください!


東京コンサルティングファーム タイ拠点
植村 寛子

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Ltd.)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください。

関連記事

BOIライセンスの譲渡に関して

TISO(BOI)申請に関して

運営会社HPはこちら

2019-10-23

東京コンサルティンググループ

カテゴリー

↓チャンネル登録↓

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

454人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る