【入国できるのか?】タイへの入国について【コロナによる締め出しの影響】

皆さま、こんにちは。
東京コンサルティングファームタイ法人の植村です。

 

新型コロナウィルス感染症対策の規制緩和として、タイへの入国禁止措置が6/30で終了し、外国人の入国についても条件付きで認められることになりました。

7/2にタイ民間航空局(CAAT)より、タイ入国の対象者に関する発表がありました。CAATの発表内容(タイ語・英語)は以下の通りです。
https://www.caat.or.th/th/archives/51887

 

しかしながら、出発国での入国許可発行に関する必要資料やプロセスについては、未だ発表がない状況が続いております。

今週、在東京タイ大使館ビザ課担当官と、査証申請の状況や、タイ入国許可書について状況について確認したところ、タイ外務省で各ビザの申請に関する標準プロセスの設定が行われており、設定が完了次第、各大使館へ通知され、公表されるとのことです。

 

現状、Bビザの新規取得申請だけでなく、新型コロナウィルスの感染拡大防止対策の一つとしてあった飛行機禁止措置により、BビザやWPが失効してしまったケース等、様々な状態のBビザがあるため、申請理由の状況によっても、必要な申請資料が異なる可能性があります。

詳細情報が入り次第、本ブログでも共有させて頂きます。


Wiki-Investment 

~ 『海外投資の赤本シリーズ』、待望のデータベース化! ~ 

海外進出の対応国数30か国 ビジネスサポート企業数550社以上!!
新興国を中心に海外ビジネス情報(会計、税務、労務、基礎知識、設立、M&Aなど)をまとめたデータベース!

各国のビジネス基礎情報に加え、最新の法改正やアップデートについて、逐一更新しております!
以下、URLより無料会員登録(24時間お試し)も可能ですので、ぜひご覧ください!
URL:https://www.wiki-investment.jp


東京コンサルティングファーム タイ拠点
植村 寛子

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Ltd.)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください。

関連記事

労働許可証の1週間延長規定について

事業計画見直し関して

運営会社HPはこちら

2019-10-23

東京コンサルティンググループ

カテゴリー

↓チャンネル登録↓

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

454人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る