タイに歳入局の最近の動向に関して

いつもお世話になっております。
Tokyo Consulting Firmの高橋です。

このコロナの状況下の中、歳入局も地域により様々な動きを見せております。

 

今まで歳入局が残業などをしている様子はあまりありませんでしたが
(基本15時半頃から帰社準備が始まります)
VATの還付件数の増加や、コロナ恩典の対応などに追われ、夜遅くまで残っている姿が見受けられます。

 

現在、政府からの依頼もあり、VAT還付などの申請がある企業に対して、迅速に対応(通常2年かかることも)するなどの動きも出てきており、過去の還付がたまっていた企業は、資金繰りの傾向なども鑑みて申請する企業が増えてきております。

基本的に例年に比べ、迅速に対応している担当官も多いですが、その中でよくある交渉事例としては、現在の繰越欠損金をなくす代わりに還付を全額してくれるなどの交渉等がよくある例です。

タイの場合、日本と違い、各担当官が権限を持っているケースが多いので、面談時の交渉や説明、また税務署とのコネクションなどが非常に重要になってきます。

 

もし、還付を迷っている企業様等がありましたら、アドバイスや帯同、また手続きを一括で当社で行うことも可能ですので、お気軽にご連絡いただければ幸いです。


Wiki-Investment 

~ 『海外投資の赤本シリーズ』、待望のデータベース化! ~ 

海外進出の対応国数30か国 ビジネスサポート企業数550社以上!!
新興国を中心に海外ビジネス情報(会計、税務、労務、基礎知識、設立、M&Aなど)をまとめたデータベース!

各国のビジネス基礎情報に加え、最新の法改正やアップデートについて、逐一更新しております!
以下、URLより無料会員登録(24時間お試し)も可能ですので、ぜひご覧ください!
URL:https://www.wiki-investment.jp


株式会社東京コンサルティングファーム タイ拠点
髙橋周平

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Ltd.)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください。

関連記事

ビザ申請前に確認すべきこと (タイ内国法人がノンイミグラント-B (ビジネス/投資家)を申請する場合)

ビザ申請前に確認すべきこと (タイ駐在員事務所がノンイミグラント-B (就労/ワーキング)を申請する場合)

運営会社HPはこちら

2019-10-23

東京コンサルティンググループ

カテゴリー

↓チャンネル登録↓

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

453人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る