キャッシュフローの見直し関して

いつもお世話になっております。
Tokyo Consulting Firmの高橋です。

今回は、今だからこそ、キャッシュフローの見直し方法に関して、記載していきます。

 

まずキャッシュフローの前提として、今期、儲けた利益はどこへ消えたか?を把握すること
その中で重要となる要素としては、

1. 営業活動によるキャッシュフロー

当期純利益から…

  • 純キャッシュへの調整
  • 販売仕入れ活動による増減
  • その他資産負債の増減

 

2. 投資活動によるキャッシュフロー

  • 有価証券の購入/売却
  • 有形固定資産の購入/売却 など

 

3. 財務活動によるキャッシュフロー

  • 借入金の増加/返済 など

の増減をそれぞれ分析し、どこにキャッシュフロー改善の余地があるかを検討することになります。

そして、営業活動によるキャッシュフロー、投資活動によるキャッシュフロー後に残っているキャッシュであるフリーキャッシュフローがどのくらいあるか。
ここが重要なポイントになります。

また、CCC(キャッシュコンバージョンサイクル)の観点から適正在庫を把握することにより、企業状態をより細かく分析することが可能となります。

利益がでていなくてもキャッシュが回っていれば、企業が潰れることはありません。
今期は特に気にしている企業が多いと思うので、改めてキャッシュフローを企業として確認していく必要があります。

 

当社では、財務諸表をすべて見える化し、会計財務の知識がない方でもわかりやすく分析するサービスを提供しております。
もし一度、企業の健康診断をしたい企業様がいましたら、ご連絡いただければ幸いです。


Wiki-Investment 

~ 『海外投資の赤本シリーズ』、待望のデータベース化! ~ 

海外進出の対応国数30か国 ビジネスサポート企業数550社以上!!
新興国を中心に海外ビジネス情報(会計、税務、労務、基礎知識、設立、M&Aなど)をまとめたデータベース!

各国のビジネス基礎情報に加え、最新の法改正やアップデートについて、逐一更新しております!
以下、URLより無料会員登録(24時間お試し)も可能ですので、ぜひご覧ください!
URL:https://www.wiki-investment.jp


株式会社東京コンサルティングファーム タイ拠点
髙橋周平

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Ltd.)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください。

関連記事

ラオスへの入国状況について

取引先信用調査に関して

運営会社HPはこちら

2019-10-23

東京コンサルティンググループ

カテゴリー

↓チャンネル登録↓

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

454人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る