Arrival Visaの規制変更

 タイイミグレーションはタイと国境を接する国からの査証免除措置(いわゆるArrival Visa)の利用を年2回までとすることを発表しました。2017年1月1日より施行が開始予定となります。

 いままでは上記の査証免除措置を使って周辺国へ入出国を繰り返せばビザなしで実質長期的に滞在することが可能でしたが、近年では特に悪質なケースでは入国を認められないケースも出ていました。そのため、今回の規制変更は基準を明確化するためのものと思われます。

 

 

以上

東京コンサルティングファーム

加藤 豪

 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co.,Ltd.)は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承くださいませ。

 

関連記事

ロングステイビザの滞在期間の変更

個人所得税の外国税額控除について

運営会社HPはこちら

2019-10-23

東京コンサルティンググループ

カテゴリー

↓チャンネル登録↓

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

453人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る