マレーシアQ&A

Q1. 

節税を行うため、タックスヘイブンへの法人設立を考えています。
マレーシアにはラブアンというタックスヘイブンがあると思いますが、シンガポールや香港と比べてどのような特徴があるのでしょうか。

 

A1. 

節税という観点で大きな特徴として、法人税率、個人所得税率があります。
それぞれタックスヘイブンということで日本と比べれば税率は低いですが、中でもラブアンが最も低い税率となっています。
法人税率に関しては、シンガポールが17%、香港が16.5%、マレーシアラブアンが3%となります。
また個人所得税に関しては、シンガポールが最大22%、香港が最大17%、マレーシアラブアンが4,000RM≒12万円程度となります。

 

Q2. 

マレーシアにてラブアン法人の設立を考えていますが、設立に際して最低要件等あれば教えてください。

 

A2. 

マレーシアラブアン法人の設立には以下のような最低要件があります。

・株主

株主は1名でも可能、マレーシア非居住者でも構いません。

・取締役

取締役に関しても1名でも可能、マレーシア非居住者でも構いません。

・最低資本金

1USドルから設立可能。ただし、就労ビザ申請をする場合には、実務上350万円前後の資本金で設立することを推奨しています。

・オフィス設置

法人設立時のオフィス設置は必須ではありません。
ただし、就労ビザ申請をする場合には、ラブアン島内にオフィスを設置することが義務付けられています。
また、ラブアン法人が優遇税制を享受するためには、ラブアン島における経済的実態要件を満たすことが求められており、オフィスの有無が条件の一つとなっています。

・マレーシア人スタッフの採用

オフィス同様、マレーシア人スタッフの有無も優遇税制を享受するための条件となっています。その他条件として運営費の支出額等に関しても定められており、
それを満たさない場合には、通常のマレーシア法人税率24%が課されます。

 


こちらの記事に関する質問、その他お問い合わせはこちらから!

問い合わせフォーム


~SNS LINKS~


~▶YouTuberになりました!~

弊社YouTubeチャンネル『久野康成の毎日が有給休暇!!』を開設いたしました!

「久野康成の毎日が有給休暇!!」では、代表の久野が作った365の金言を
『久野語録』として日めくりカレンダーにまとめ、内容を毎日解説していきます。

チャンネル名にある通り、「毎日が有給休暇」になるような生き方のツボとコツを発信しておりますので
ぜひ一度ご覧頂ければと思います!

また、代表の久野が執筆した
『国際ビジネス・海外赴任で成功するための賢者からの三つの教え 今始まる、あなたのヒーロー』
の解説を、執筆者自らが行っている「賢者からの3つの教え」シリーズもぜひご覧ください!


東京コンサルティングファーム マレーシア拠点 / Tokyo Consulting Firm Malaysia
唐澤 杏奈(からさわ あんな)

 

E-mail:karasawa.anna@tokyoconsultinggroup.com

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。
該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社
(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co.,Ltd.)は
一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください。

関連記事

マレーシアの雇用と解雇についてのQ&A

マレーシアの税務の概要に関して

ページ上部へ戻る