タイでの主要な申告書の名称について(その1)

サワディーカップ!タイの関口です。
今回から4回にわたって、タイでの主要な申告書の名称とその内容について解説します。

まず第1回目は法人所得税および監査に関連する書類についてです。これらの書類は、会計事務所や監査法人などが作成されるのが一般的かと思いますが、フォームの番号とその内容に関しては、簡単に把握しておくのが良いでしょう。

〈法人所得税関連〉

タイ語での名称 英語での名称 内容
PND50 (PHOR. NGOR. DOR. 50) ANNUAL CORPORATE TAX RETURN 法人所得税の確定申告に用いるフォームです。法人税の確定申告は、決算期末後150日以内に税務署に対して行わなければなりません。
PND51 (PHOR. NGOR. DOR. 51) HALF-YEAR CORPORATE TAX RETURN 法人所得税の中間申告に用いるフォームです。
法人税の中間申告は、半期末後60日以内に税務署に対して行わなければなりません。

〈商務省へ提出すべき書類〉
決算後に作成される財務諸表は、会計監査人の監査を受けた後、PND50とともに下記の書類を添付して、商業省に提出しなければなりません。

タイ語での名称 英語での名称 内容
SBC3 (SOR. BOR. CHOR. 3) FORM FOR SUBMITTINGFINANCIAL STATEMENT TO COMMERCIAL REGISTRATION DEPARTMENT 財務諸表提出の際のカバーレターに相当するフォームです。会社の名称や住所、登記番号、納税番号、監査人およびその登録番号などが記載されています。
SBC3/1 (SOR. BOR. CHOR. 3/1) FORM FOR SUBMISSION OF FINANCIAL STATEMENTS WHICH ARE RELATED TO THE INTERNATIONAL INVESTMENT 外国人が発行株式の1%以上を保有している場合に、SBC3とともに提出しなければならない書類です。SBC3/1は、最終的にタイの中央銀行に送付され、SBC3記載の情報の他に株主の名称や持株数、海外への投資の状況などを記載する必要があります。
BOJ5 (BOR. OR. JOR. 5) LIST OF SHAREHOLDERS BOJ5は、株主リストを表すフォームになります。決算日後120日以内に開催される定時株主総会(AGM: Annual General Meeting)の開催後、14日以内に提出しなければなりません。

関連記事

タイの人材採用2

タイでの主要な申告書の名称について(その2)

運営会社HPはこちら

2019-10-23

東京コンサルティンググループ

カテゴリー

↓チャンネル登録↓

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

454人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る