福利厚生(医療)について

 社会保険の保障内容があまり充実していないタイでは、福利厚生の一つとして、民間保険の付与、または医療費を一部補助する会社が一般的です。タイ人従業員向け団体民間保険は、5名以上からとなっている場合が多いため、従業員数が足りない場合は、以下3つが撰択肢として挙げられます。

①タイ人従業員がすでに4名いる場合、日本人がタイ人従業員向け団体民間保険に一緒に加入する

②タイ人従業員が5名に達するまで、1名から加入可能な個人民間保険を付与する

③医療費の一部を補助する

 なお、民間保険の付与は、入院や手術が必要になった際の保障内容が充実しているため、医療費の一部支給よりも良いと考える従業員が比較的多いかと考えられます。

 

以上

 

東京コンサルティングファーム

植村 寛子

 

 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co.,Ltd.)は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承くださいませ。

 

関連記事

最低賃金の改訂

東京コンサルティングファームタイ法人の人材紹介サービスについて

運営会社HPはこちら

2019-10-23

東京コンサルティンググループ

カテゴリー

↓チャンネル登録↓

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

453人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る