タイの会計基準について

 

皆さま、こんにちは。
4月よりタイに赴任いたしました安藤と申します。
皆様にできるだけ有益な情報を発信できるよう邁進してまいります。

今回は、タイの会計基準についてお話ししたいと思います。

 

会計基準とは、財務諸表を作成する際のルールのことを指します。
日本では、日本独自の「日本会計基準」があります。また、その他にも「米国会計基準」や「国際会計基準(IFRS)」、「J-IFRS」という基準が日本では認められております。

 

では一方タイではどうなのか。

タイの会計基準の歴史を振り返ってみると、当初は米国会計基準(US Generally Accepted Accounting Principle)に準ずるものになっていました。
しかし、1997 年の通貨危機が起こった際、IMFが援助を行う条件の一つとして会計の国際化を求めたことをきっかけとして、国際会計基準(International Account Standard、IAS)に沿ったものに全面的に改訂が行われました。

その結果、タイ会計基準(Thailand Account Standard、TAS)は、ほぼ、国際会計基準、国際財務報告基準(International Financial Reporting Standards、IFRS)に沿ったものとなり、運用されてきました。
一部例外はありますが、2011年より、IFRSとほぼ同等のタイ会計基準、タイ財務報告基準の適用が開始されています。

 

さらに2013年度より適用が開始される予定であった8つの会計基準があります。これについては、TAS32、TAS39、TFRS7を除き2014年1月1日より適用されています。TAS32、TAS39、TAS41、TFRS1、TFRS7の5つの会計基準については、現在のところ導入時期は未定となっています。

また、日本では公認会計士監査が義務付けられている上場会社や会社法上の大会社などに限定される予定であるのに対し、タイでは、会計法に基づき、原則として全ての事業体に会計基準が適用されることになります。
しかし、実務上の負担を考慮すべきとする要請が多かったことを受け、非公開会社については適用が除外される基準がいくつか認められることになりました。したがって、公開会社であるか非公開会社であるかによって、準拠すべき会計基準が異なることになります。

 

タイへ進出している日系企業の多くは非公開会社ですので、非公開会社への適用除外されるものを確認すると、キャッシュフロー計算書(TAS7)、関連当事者間の開示(TAS19)、減損会計(TAS36)などは免除されており、多少の会計実務の簡便化が図られています。

 

今回は以上と致します。
今週も読んでいただき、誠に有難うございます。
本グログがご活躍される駐在員の皆様、および今後進出をお考えの皆様の一助となれば幸いです。
次回もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

株式会社東京コンサルティングファーム  タイ拠点
安藤 朋美

【WIKI-INVESTMENTのご紹介】

待望のデータベース化を実現!!『WIKI-INVESTMENT』オープン

 

これまで多くの企業様にご愛読いただいた弊社『海外投資の赤本』シリーズ計14冊24カ国(合計金額101,706円相当)の内容が、さらにマレーシア・アフリカ諸国のコンテンツも加わり、データベースに生まれ変わりました。

 

本データベース『WIKI-INVESTMENT』のオープンを記念しまして、今なら各国の2章分(第1章と第2章)を登録不要でお試しいただけます(もちろん無料です)。さらに、すべての内容を一度見たいという声に応えまして、無料会員登録をしていただきますと、24時間で掲載30か国のすべての情報を閲覧することが可能です。

 

無料登録は、下記のURLよりたった1分で可能です。

http://wiki-investment.com/

(なお、閲覧する際は、PCでの利用をお願いします。)

 

コンテンツに関することは、メールで無料問い合わせが可能です!!!

(個別、具体的案件に関する質問は、別途、有料サービスも用意しております。)

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Ltd.)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください。

関連記事

運営会社HPはこちら

2019-10-23

東京コンサルティンググループ

カテゴリー

↓チャンネル登録↓

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

453人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る