在日タイ大使館でのタイ入国許可証の取得について

皆さま、こんにちは。
東京コンサルティングファームタイ法人の植村です。

新型コロナウィルス感染症対策の規制緩和として、タイへの入国禁止措置が6/30で終了し、外国人の入国についても条件付きで認められることになりました。
また、7/17に、在日タイ大使館のウェブサイト上でも、タイ入国許可証の取得申請に関する詳細情報が掲載されています。


タイ入国許可証の取得に関する発表

http://site.thaiembassy.jp/jp/news/announcement/9229/
(在東京タイ大使館)


◇入国許可証の発行対象者

タイ民間航空局発表第3項より、外国籍者(=タイ国籍を保有しない者)のみを抜粋しています。

  • (3) 外交使節団、領事団、国際機関、外国政府機関の代表、及び配偶者、両親、子ども。
  • (6) タイ国籍者を持つ者の、外国籍者の配偶者、両親、子ども。
  • (7) 有効なタイでの居住証明書を保有する外国籍者
  • (8) 有効な労働許可証を持つ外国籍者
  • (9) タイ政府から認定された教育機関に通学する外国籍者の生徒、学生、またその両親、保護者。(※タイ政府から認定があるかどうか、事前にご確認ください。)
  • (10) タイ国内で治療を受ける必要のある外国籍者、またその付添人。(※新型コロナウィルスの治療は対象外となります。)
  • (11) 特別な合意事項により、タイ入国が許可された外国籍者

在日タイ大使館へ入国許可証の申請には、以下の資料を準備する必要がございます。

なお、以下の必要資料は、ノンイミグラントBビザ(就労)及びOビザ(正規就労する外国人の配偶者や扶養家族)を対象としています。
それ以外のビザを申請される場合は、大使館ウェブサイトよりご確認お願いいたします。

 

◇入国許可証取得の必要資料

  • ①パスポートのコピー(顔ページ、ビザページか再入国許可証印のページ)
  • ②申請書(Form
  • ③タイへの入国理由書(言語指定の記載はないですが、タイ語英語)
  • ④労働許可証のコピーか、BOIからのビザ申請承認状コピー(見本
  • ⑤戸籍謄本(6ヵ月以内のもの)
    ※Oビザ(正規就労する外国人の配偶者や扶養家族)の場合
  • ⑥英文の医療保険証
    ※新型コロナウィルス関連疾病治療費を付保する点が、明確に記載してある必要があります。
    ※1年以上タイで滞在する場合は、保険期間も1年以上である必要がある点、事前にご留意頂ければと存じます。
  • ⑦タイ政府指定の隔離施設ホテルの予約確認書(隔離施設ホテル一覧
    ※Alternative State Quarantine(ASQ)よりホテル情報の閲覧が可能です。

上記資料が揃いましたら、大使館の指定するメールアドレスへ送付し、入国許可証の申請受付が完了となります。

なお、メールの宛先については、現在非公開となっており、前回公開されたアドレスから変更される可能性もございます。
8月以降の特別便情報と合わせて、7/27頃に再度発表があると大使館担当者より回答を頂いておりますので、上記資料をご準備の上、発表をお待ち頂ければと存じます。

 

また、新型コロナウィルス感染症対策の入国禁止措置により、ビザや労働許可証の有効期限が切れてしまったケースもあるかと存じます。
詳細は、次のブログにて記載させて頂きます。


Wiki-Investment 

~ 『海外投資の赤本シリーズ』、待望のデータベース化! ~ 

海外進出の対応国数30か国 ビジネスサポート企業数550社以上!!
新興国を中心に海外ビジネス情報(会計、税務、労務、基礎知識、設立、M&Aなど)をまとめたデータベース!

各国のビジネス基礎情報に加え、最新の法改正やアップデートについて、逐一更新しております!
以下、URLより無料会員登録(24時間お試し)も可能ですので、ぜひご覧ください!
URL:https://www.wiki-investment.jp


東京コンサルティングファーム タイ拠点
植村 寛子

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Ltd.)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください。

関連記事

タイ人従業員が複数社で働く場合の実務

在日タイ大使館でのノンイミグラントBビザ(就労)申請について

運営会社HPはこちら

2019-10-23

東京コンサルティンググループ

カテゴリー

↓チャンネル登録↓

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

454人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る