扶養控除について

 配偶者と子供がいる場合、それぞれ扶養控除が受けられますが、その際の留意点です。扶養控除を受けるにはタイに帯同である必要がありますので、配偶者と子供が日本にいる場合には適用外となります。
 また、税務調査があった際に証明として戸籍謄本を求められる場合があります。日本で戸籍謄本を取得し、大使館で英訳をして念のため用意をしておく必要があります。通常は求められることはありませんが、還付申請の際には添付が求められますので留意が必要となります。

 

以上
東京コンサルティングファーム
加藤 豪

 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co.,Ltd.)は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承くださいませ。

 

関連記事

シンガポールとの租税条約について

ITCの卸売りの範囲について

運営会社HPはこちら

2019-10-23

東京コンサルティンググループ

カテゴリー

↓チャンネル登録↓

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

454人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る