駐在員事務所設立許可証発給後の手続き②

法務

皆さん、こんにちは。
ベトナム、ハノイの黒木でございます。

前回に続いて、駐在員事務所設立許可証発給後の手続きについて紹介します。

6. 雇用契約書の作成
従業員を雇用する際には、雇用契約書を作成する必要があります。
2018年12月15日施行の政令148/2018/ND-CPにて、昇給制度、勤務時間・休日、労働保護具・設備の提供、社会保険・健康保険・失業保険の情報については記載必須事項ではなくなりました。代わりに社内規定や就業規則等を提示して合意することが求められます。

7. 就業規則の作成
従業員が10名以上の事務所は、就業規則の作成および人民委員会労働局への登録が義務付けられています。

8. 日本人従業員の労働許可証・レジデンスカードの取得
外国人がベトナムで働くための労働許可証、ベトナムに住むためのレジデンスカードが必要となります。

10. 個人所得税の登録
個人所得税を納付するためには個人の納税者番号が必要となります。駐在員事務所は営利活動ができず会計税務も比較的簡素ですが、個人所得税に関しては非常に重要で、閉鎖時の監査においても厳しくチェックされます。

11. 社会保険の登録
ベトナム人スタッフを採用する際には、社会保険、健康保険および失業保険に加入させる必要があります。社会保険が1ヶ月以上または無期の労働契約、健康保険および失業保険は3ヶ月以上のまたは無期の労働契約のあるベトナム人スタッフが対象です。また、外国人も3ヶ月以上または無期の労働契約で健康保険の対象となります。外国人の社会保険については、2018年11月投稿のブログで扱っています。下記リンクをご参照ください。
https://kuno-cpa.co.jp/vietnam_blog/?p=2054
https://kuno-cpa.co.jp/vietnam_blog/?p=2061

駐在員事務所の設立許可証発給後の手続きについてご紹介しましたが、ベトナムでは頻繁に法改正があり、不明瞭な法令や不透明な運用も多いです。当局や担当官、地域や時期により異なる対応が必要となる場合もございます。

弊社では、会計、税務、法務、人事労務等様々な領域から、進出・運用のサポートをしております。
ご質問ご要望等ありましたら、お気軽にご連絡ください。

株式会社東京コンサルティングファーム

ベトナム ハノイ拠点

黒木  優志

Mail: kawamura.hiroki@tokyoconsultinggroup.com

【WIKI-INVESTMENTのご紹介】

待望のデータベース化を実現!!『WIKI-INVESTMENT』オープン

これまで多くの企業様にご愛読いただいた弊社『海外投資の赤本』シリーズ計14冊24カ国(合計金額101,706円相当)の内容が、さらにマレーシア・アフリカ諸国のコンテンツも加わり、データベースに生まれ変わりました。

本データベース『WIKI-INVESTMENT』のオープンを記念しまして、今なら各国の2章分(第1章と第2章)を登録不要でお試しいただけます(もちろん無料です)。さらに、すべての内容を一度見たいという声に応えまして、無料会員登録をしていただきますと、24時間で掲載30か国のすべての情報を閲覧することが可能です。

無料登録は、下記のURLよりたった1分で可能です。

http://wiki-investment.com/

(なお、閲覧する際は、PCでの利用をお願いします。)

コンテンツに関することは、メールで無料問い合わせが可能です!!!

(個別、具体的案件に関する質問は、別途、有料サービスも用意しております。)

 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Ltd.)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください。

関連記事

ページ上部へ戻る