出張者を予定されている場合の懸念点①

税務

お世話になっております。
TCFベトナム、ホーチミン拠点の石川です。

上記のテーマで記載させていただきます。
出張者を検討されている場合懸念される一つ目の点が、外国契約者税です。

 

【外国契約者税】

ベトナム国外の法人等がベトナム国内の法人等にサービスを提供した際に課される税金です。
スタッフ様がベトナムへ出張する際の、技術支援に関する料金や出張に係る飛行機代、
ホテル代等をベトナム法人が負担する場合、その負担額に対して外国契約者税が課せられます。
(外国契約者税適用範囲が広い為、該当する可能性が高いです。)

事前準備として、外国契約者税の申告納税を行う為、
技術支援契約を事前に結んでいただく必要がございます。

上記に関しましてご質問がございましたら、お気軽にご連絡いただければと存じます。
また、弊社では会計税務・労務等定期的にセミナーを行っておりますので是非ご参加いただけますと幸いです。


Wiki-Investment 

~ 『海外投資の赤本シリーズ』、待望のデータベース化! ~ 

海外進出の対応国数30か国 ビジネスサポート企業数550社以上!!
新興国を中心に海外ビジネス情報(会計、税務、労務、基礎知識、設立、M&Aなど)をまとめたデータベース!

各国のビジネス基礎情報に加え、最新の法改正やアップデートについて、逐一更新しております!
以下、URLより無料会員登録(24時間お試し)も可能ですので、ぜひご覧ください!
URL:https://www.wiki-investment.jp


東京コンサルティングファーム・ホーチミン拠点
石川真睦

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。
該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Pte. Ltd.)は一切の責任を負いません。ご了承ください。

関連記事

ページ上部へ戻る