DESに関して

税務

お世話になっております。
TCFベトナム、ホーチミン拠点の石川です。

本日は上記のテーマについて記載致します。

ベトナムでビジネスを展開されている方へのご参考になれれば幸いでございます。

 

~DESとは~

ある会社に対して、債権を有している債権者が、その債権を債務者側の会社の株式に振り返る行為を意味します。

 

債務者側としては、DESが行われることにより、債務が減少し資本が増加するので、貸借対照表(BS)が改善され、また債権者に経営に参画してもらえるというメリットがあります。

ベトナムの場合、親会社からの借入金の返済が苦しい場合、未払元利金を資本に組み入れる行為としてDESが行われるケースがあります。

 

注意点としては、未払いの利息部分に対しては外国者税(FCT)が課される可能性がある点です。

 

上記に関しましてご質問がございましたら、お気軽にご連絡いただければと存じます。
また、弊社では会計税務・労務等定期的にセミナーを行っておりますので是非ご参加いただけますと幸いです。


Wiki-Investment 

~ 『海外投資の赤本シリーズ』、待望のデータベース化! ~ 

海外進出の対応国数30か国 ビジネスサポート企業数550社以上!!
新興国を中心に海外ビジネス情報(会計、税務、労務、基礎知識、設立、M&Aなど)をまとめたデータベース!

各国のビジネス基礎情報に加え、最新の法改正やアップデートについて、逐一更新しております!
以下、URLより無料会員登録(24時間お試し)も可能ですので、ぜひご覧ください!
URL:https://www.wiki-investment.jp


東京コンサルティングファーム・ホーチミン拠点
石川真睦

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。
該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Pte. Ltd.)は一切の責任を負いません。ご了承ください。

関連記事

ページ上部へ戻る