小売・卸売業の外資規制について

法務

今回はミャンマーにおける小売・卸売業の外資規制について、ご説明させていただきます。

 

ミャンマーにおいて小売・卸売業は、2017年4月10日付の通達により、商業省の許可を得るべき投資事業とされています。

また、2018年5月9日付の通達により、下記の通り、外資企業が小売・卸売業を行う場合の要件が規定されています。

  外資の出資比率が80%超 外資の出資比率が0%超、80%未満 内資100%
卸売業 初期投資が500万ドル以上 初期投資が200万ドル以上 初期投資について具体額の規定無し
小売業 初期投資が300万ドル以上 初期投資が70万ドル以上 初期投資について具体額の規定無し

ただし、初期投資に地代は含みません。また、店舗面積が929平方メートル未満のミニマーケット事業、コンビニエンスストア事業については、外資企業に認められていません。
そのため、この点にも注意が必要となります。

 

今回は以上となります。
更なるご質問がございましたら、お気軽に弊社にお問い合わせください。


Wiki-Investment 

~ 『海外投資の赤本シリーズ』、待望のデータベース化! ~ 

海外進出の対応国数30か国 ビジネスサポート企業数550社以上!!
新興国を中心に海外ビジネス情報(会計、税務、労務、基礎知識、設立、M&Aなど)をまとめたデータベース!

各国のビジネス基礎情報に加え、最新の法改正やアップデートについて、逐一更新しております!
以下、URLより無料会員登録(24時間お試し)も可能ですので、ぜひご覧ください!
URL:https://www.wiki-investment.jp


東京コンサルティングファーム  ミャンマー拠点

大月健翔(Otsuki Kento)

Mail:otsuki.kento@tokyoconsultinggroup.com

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承くださいませ。

関連記事

ページ上部へ戻る