TCG経営ブログ その他 イノベーションの意思決定は、何故難しいのか?

イノベーションの意思決定は、何故難しいのか?


イノベーションを起こすために必要な下記の3つの要素は、どれも難しい…
社歴が長く、売上がある程度安定的にある企業で、経営者が2代目以降の場合は、経営者がイノベーションの意思決定が出来ないこが多いです。

  1. 意思決定
  2. 有効な戦略
  3. 社員が実行

 

経営者も幹部も会社の事業サイクルが成熟期から衰退期に入っていると理解できていて、イノベーションを起こさなければ、この先どうなるか?
漠然と分かっていても、具体的な行動変化を起こせず、悶々としているケースは多いです。

 

財務諸表を社長しか見ていない、悪い状況が何となく分かっているが、財務諸表を毎月直視していない、既に赤字体質になっている、資金繰りが悪い、
融資のため粉飾決算をしているなどの状況を幹部も共有していない場合、将来のビジョンや目標、スローガンを掲げても、具体的な行動をする意思決定ができません。

 

イノベーションの意思決定をするということは、たとえ8割の幹部や社員が反対しても、

実行する意思決定をすることです。

 

さらに、イノベーションのための戦略は、実行しなければ良し悪しが分からないので、

社員に実行させるための強烈なリーダーシップが必要になります。

 

戦略を選択する時、スムーズに実行させることを考えてしまい、幹部の合意を得ようとするので、なかなか決まらずに時間が過ぎてしまい、
どんどん会社の状況が悪くなって手遅れになってしまいます。

 

危機感は、イノベーションを起こす上で、非常に重要になるので、事業サイクルのどのステージであっても、
中長期的に戦略を考え実行することが大切で、それには、毎月戦略会しっかりと財務諸表を全員が直視して、幹部は戦略会議をすることです。

 

イノベーションは、お金と時間の投資コストも必要なので、しっかりとキャッシュも貯めておく財務戦略も重要です。

 

以上


~▶YouTuberになりました!~

弊社YouTubeチャンネル『久野康成の毎日が有給休暇!!』を開設いたしました!

「久野康成の毎日が有給休暇!!」では、代表の久野が作った365の金言を
『久野語録』として日めくりカレンダーにまとめ、内容を毎日解説していきます。

チャンネル名にある通り、「毎日が有給休暇」になるような生き方のツボとコツを発信しておりますので
ぜひ一度ご覧頂ければと思います!

 

また、経営者の方に必見の、「久野の経営のエッセンス」シリーズも継続的に投稿しております。
こちらは、経営をする上での疑問点や悩みなどに対して、気付きを得ることができる動画となります!


 

株式会社東京コンサルティングファーム

東 真奈美

 

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。
該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Pte. Ltd.)は一切の責任を負いません。ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Related Post

男女平等と性差男女平等と性差

日本における、女性管理職の割合を2020年度までに30%に上昇させる達成目標対して、なかなか進捗しない理由として、まだまだ、日本は、男女の格差が激しいことが原因だと 言われています。   男女平等の社会になれば […]