シンガポールのMajor Exporter Scheme(MES)の適用条件

税務

以下、すべての条件を満たすことが求められます。

  1. GSTに登録しなくてはならない・
  2. シンガポールで活動しており、また財務状況がしっかりしていること。
  3. 主業が、輸入・輸出業であること。
  4. 定格ゼロの供給は総供給の50%以上を占める、または定格ゼロの供給の価値は過去12か月で1,000万シンガポールドルを超えなくてはならない。総供給の値に到達するために、標準定格の供給として報告されている以下のものを除外すること。
     a.顧客の会計の対象となった、サプライヤーから受け取った関連する供給の価値。
     b.リバースチャージの対象となるインポートされたサービスの価値。
     c.海外のベンダー登録制度に基づいてプラットフォームにリストされているサプライヤーに代わって、電子市場オペレーターが提供するデジタルサービスの価値。
  5.  内部統制と会計記録が適切に維持されていること。
     a.GSTと所得税申告書を期限内に提出している。
     b.GST、所得税、固定資産税、源泉徴収税を期限内に支払っている。
  6. コンプライアンスが整っていることをIRASと貴社の顧客に認知されていること。
  7. GSTの監査官が随時課す条件を遵守すること。

Wiki-Investment 

~ 『海外投資の赤本シリーズ』、待望のデータベース化! ~ 

海外進出の対応国数30か国 ビジネスサポート企業数550社以上!!
新興国を中心に海外ビジネス情報(会計、税務、労務、基礎知識、設立、M&Aなど)をまとめたデータベース!

各国のビジネス基礎情報に加え、最新の法改正やアップデートについて、逐一更新しております!
以下、URLより無料会員登録(24時間お試し)も可能ですので、ぜひご覧ください!
URL:https://www.wiki-investment.jp


東京コンサルティングファーム
吉岡大樹

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。
該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Pte. Ltd.)は一切の責任を負いません。ご了承ください。

関連記事

ページ上部へ戻る