セミナー/イベント

【4月26日】【Webセミナー】【会計実務セミナー】まだ間に合う!IFRS16号「リース」への対応!?~海外子会社も含めグループ全体で考える対応策~

セミナー概要

日本の会計ルールにおいては、IFRS(国際財務報告基準)の適用は任意としつつも、自国会計基準との差異を収縮していく「コンバージェンス」が進められてきました。しかし、IFRS16号「リース」の項目が、2019年1月開始の事業年度より日本でも強制適用となり、リースの会計処理方法に大きな変化が生まれています。 

そこで今回は、
1.日本国内でのIFRS16号適用への対応
2.IFRS適用国の海外子会社での、法定決算時の対応
3.日本親会社の連結財務諸表作成の際の、子会社との会計基準の統一  

以上の3つの次元での対応策を、(殊に2,3に焦点を当てて)一緒に考えていければと思います(2では、日本より一足先にIFRS16号を取り入れた、シンガポールを例にとり、説明いたします。)  

また、セミナー最後に、財務会計で躓かず、継続して収益を上げていくための管理会計の重要性についてもお話しさせていだきます。 


詳細

プログラム

1.はじめに  

2.IFRS16適用による変化  

3.借手、貸手それぞれへの影響 

4.IFRS16適用による影響
  ⇒B/S、P/Lへの影響、並びに自己資本比率やROAなどの財務指標への影響 

5.3つの次元でのIFRS16への対応 

6.会社の規模、目的、状況に合った対策 

7.社を成長させていく管理会計 
  ⇒財務会計で躓かず、将来的に継続して収益を挙げていくための管理会計

受講対象

・海外現法MD、経理担当の方
・シンガポール法人MD、経理担当の方
・日本親会社CFO、財務担当の方、経営企画の方 

など 奮ってご参加頂ければと思います。

※誠に恐れ入りますが、同業他社の方へは参加をご遠慮いただいております。
何卒ご了承ください。

セミナー講師

田中 勇(たなか いさむ)
株式会社東京コンサルティングファーム  シンガポール法人 

「企業の社会貢献をサポートしたい」という思いから、2021年に、株式会社東京コンサルティングファームに入社。
入社前は、海外拠点向け会計ソフトウェア会社でマーケティングを経験し、「海外子会社管理」や「内部統制」に関心を持つに至る。
2021
年4月よりシンガポールへ赴任日系企業の海外進出、現地法人のサポート。 

日時

4月26日(1400分~15時30分(日本時間)
         シンガポール時間 13時00分~14時30分 

会場

Web会議ツール「Zoom」にて開催いたします。
前日にセミナー参加用URLをメールにて送付いたします。

※事前にご利用のPC・スマートフォン等で、ZOOMがご利用可能かご確認ください。
※ZOOMのアカウント名はフルネーム(ローマ字)にてご参加いただくようお願いします。

お問い合わせ先:f-info@tokyoconsultinggroup.com

参加費

無料


お申し込み方法

問い合わせフォームのセミナー名、 「4/26 会計実務セミナー」をご選択の上、お名前、連絡先をお書きになり、お送りください。

※都合により開催日時、会場、内容の変更または開催を中止させていただく場合がざいます。予めご了承ください。
※なお、誠に勝手ではございますが、同業他社様からのお申し込みはご遠慮ください。
※その他ご質問等は、お気軽にお問い合わせください。【電話:03-5369-2930】

関連記事一覧