セミナー/イベント

【4月16日】【Webセミナー】税務特化型!フィリピン子会社が検討すべきマネジメントの極意

フィリピン

セミナー概要

昨今、ASEAN諸国の中でトップクラスの経済成長率、それを支える若く豊富な労働力で一億人規模の人口をほこる親日国として日系企業の注目を集めるのが、“海のASEAN”フィリピンです。

一方で、進出後に注意すべきことは、「フィリピンの税制」です。
フィリピンでは税制が頻繁に改正されると共に、多くの企業が複雑かつ煩雑な税務申告や理不尽な税務調査に悩まされています。

本セミナーでは、海外子会社マネジメントの観点から、フィリピン子会社の利益還流・資金繰りなどシーン別に検討すべきフィリピン税制のポイントと、フィリピン進出企業の懸念事項の一つである税務調査(BIR Audit)についてご説明させて頂きます。

日系企業の皆様には、突然、BIR(税務署)の税務担当官から数千万円規模の高額な追徴課税の通知がきて、不要な追徴課税を支払うことがないように、本セミナーを通じて、税務コンプライアンスをしっかり順守し、いざという時に備えてフィリピン税務調査の対応策を、現地駐在員はもちろん、日本本社の方々も心得ておいて頂ければと思います。


詳細

プログラム
  1. 海外子会社が陥るマネジメント課題
  2. 海外子会社マネジメント管理のポイント
  3. 利益還流時に検討すべきフィリピン税務
  4. 資金繰り時に検討すべきフィリピン税務
  5. 迫りくるフィリピン税務調査の落とし穴
受講対象
  • フィリピン進出済み企業の現地駐在員並びに駐在員予定、又は日本本社ご担当者様
  • フィリピンへの進出を検討されている企業のご担当者様

など 奮ってご参加頂ければと思います。

※誠に恐れ入りますが、同業他社の方へは参加をご遠慮いただいております。
何卒ご了承ください。

セミナー講師

大橋 聖也東京コンサルティングファームのフィリピン、マニラ支社長
Tokyo Consulting Group 
株式会社東京コンサルティングファーム
ASEAN Regional Manager

2012年東京コンサルティンググループ入社。
中小企業の発展、会計業界の生き残りを掛けて、社外CFOとして社長のビジョン実現をサポートする、ビジョナリーコンサルティングの立上げに奮闘。
社長の抱えるお困り事を解決すべく経営理念の策定・経営会議のファシリテート・財務分析等の支援を行う。

2016年よりフィリピン赴任し、日系企業の法人設立・会計税務から海外子会社マネジメント支援に従事。
2020年よりベトナムに駐在し、フィリピン・ベトナムを中心としたASEAN拠点を統括している。

日時

2021年4月16日(金) 14:00~15:30 (日本時間)

※フィリピン時間 13:00~14:30

会場

Web会議ツール「Zoom」にて開催いたします。
前日にセミナー参加用URLをメールにて送付いたします。

※事前にご利用のPC・スマートフォン等で、ZOOMがご利用可能かご確認ください。
※ZOOMのアカウント名はフルネーム(ローマ字)にてご参加いただくようお願いします。

お問い合わせ先:f-info@tokyoconsultinggroup.com

参加費

5,000PHP / 1社

セミナーへのお申し込みを受け付け次第、請求書を発行しますので、事前に振込をお願い致します。
なお、参加費お支払い後に参加を辞退される場合、参加費はご返金致しかねます。ご了承ください。


お申し込み方法

問い合わせフォームのセミナー名、 「4/16 フィリピン税務セミナー」をご選択の上、お名前、連絡先をお書きになり、お送りください。

※都合により開催日時、会場、内容の変更または開催を中止させていただく場合がざいます。予めご了承ください。
※なお、誠に勝手ではございますが、同業他社様からのお申し込みはご遠慮ください。
※その他ご質問等は、お気軽にお問い合わせください。【電話:03-5369-2930】

関連記事一覧