セミナー/イベント

【11月6日】【Webセミナー】私なら、こうする! ~インド子会社 月次決算早期化セミナー~

インド

セミナー概要

「すべての問題は数字に現れる」という言葉があるように、
海外子会社の経営においても、会計情報はすべての土台となります。
PLの予実分析、製造原価、儲けた利益がどこに消えているのか、、、。月次で経営状態を即時で見える化され、次なる打ち手が実行できる体制を作る、つまり戦略的な管理会計を実装する重要性というのは、周知の事実です。

しかしながら、その月次決算の情報がいくら正確でも、それが拠点長のもとに上がってくるのが、翌月15日ではあまりに遅すぎるというわけです。
また、親会社としてもよりタイムリーに、子会社経営状況を把握したい、月次親会社報告の日数を早めたいというお悩みもよく聞きます。
ただし、子会社側はどうやればいいのか分からないというのが、実情でもあります。

本セミナーでは、月次決算早期化の概要や目的、その重要性を再確認するとともに、いかにインド子会社で進めていくのかをイメージできるよう、展開してまいります。
また、実際早期化を進めるとなったときには、経理部門のインド人担当者を中心としたインド側の理解やコミットメントも欠かせません。
そちらについては、英語でのナショナルスタッフ向けセミナーで取り扱いしますので、貴社スタッフ様への教育として、ぜひそちらもご利用ください!
<https://kuno-cpa.co.jp/seminar-india-2020-1120/


セミナー内容

月次決算早期化の概要
インド子会社経理部門の業務全体像理解
月次決算早期化のアプローチ方法
月次決算早期化の実行論


受講対象

在インド日系中小/中堅企業の責任者
(経理用語もなるべく優しく解説しますので、製造畑出身等の方にも受講できます)
組織規模が拡大中、今後経理業務の組織化が重要になる会社
インド子会社の月次決算スピードにお悩みを抱えている方、またその本社側子会社担当者様

など 奮ってご参加頂ければと思います。

※誠に恐れ入りますが、同業他社の方へは参加をご遠慮いただいております。
何卒ご了承ください。


セミナー講師
松波 優大(まつなみ ゆうだい)

2018年12月よりインド法人バンガロール支社に赴任。赴任前は、グループの東京税理士法人に所属し、月次決算書の作成に従事。財務の視点をトップにした人事評価制度を構築して、外部CFOとしてインドの日系企業を元気にするというミッションを有する。

 

日時

2020年11月6日(金)  日本時間15:00~16:00(インド時間11:30~12:30)

会場

Web会議ツール「Zoom」にて開催いたします。
前日にセミナー参加用URLをメールにて送付いたします。

※事前にご利用のPC・スマートフォン等で、ZOOMがご利用可能かご確認ください。
※ZOOMのアカウント名はフルネーム(ローマ字)にてご参加いただくようお願いします。

お問い合わせ先:f-info@tokyoconsultinggroup.com

参加費

INR 3,000

セミナーへのお申し込みを受け付け次第、請求書を発行しますので、事前に振込をお願い致します。
なお、参加費お支払い後に参加を辞退される場合、参加費はご返金致しかねます。ご了承ください。


注意

問い合わせフォームのセミナー名、 「11/6 インド月次決算早期化セミナー を選択の上、お名前、連絡先を記載し、情報を送信して下さい。

※都合により開催日時、会場、内容の変更または開催を中止させていただく場合がございます。予めご了承ください。
※なお、誠に勝手ではございますが、同業他社様からのお申し込みはご遠慮ください。
※その他ご質問等は、お気軽にお問い合わせください。【電話:+91-80-4112-8896】

関連記事一覧