【キャリアアップ助成金と変更点】

お世話になっております。

東京社会保険労務士法人の中島です。

 

今回のメルマガのテーマは「キャリアアップ助成金と変更点」についてです。

 

========================================

目次

一、キャリアアップ助成金とは

二、キャリアアップ助成金の概要(正社員化コース)

三、平成30年4月からのキャリアアップ助成金の変更点(正社員コース)

四、東京社会保険労務士法人にできること

========================================

中小企業の規模の基準は、以下の通りです。

区分 飲食店を含小売業 サービス業 卸売業 その他
資本金又は出資の総額 5千万以下 5千万以下 1億円以下 3億円以下
常時雇用の労働者数 50人以下 100人以下 100人以下 300人以下

 

一、キャリアアップ助成金とは

 

キャリアアップ助成金は、有期契約労働者や短時間労働者、派遣労働者といった、いわゆる「非正規雇用労働者」の企業内でのキャリアアップなどを促進するため、正社員化、処遇改善の取組を実施した事業主に対して助成する制度の事をさします。 労働者の働く意欲、能力を向上させて、また事業の生産性を高め、優秀な人材を確保するのが目的です。

 

二、キャリアアップ助成金の概要(正社員化コース)

 

有期契約労働者等を正規雇用労働者等に転換または直接雇用した場合に助成される

正社員コースについて説明させていただきます

 

手続きの流れとしましては、

 

1,キャリアアップ計画の作成・提出

2,就業規則、労働協約その他これに準ずるものに転換制度を規定(キャリアアップ計画提出前に転換制度を規定していた場合でも対象)

3,転換・直接雇用に際し、就業規則等の転換制度に規定した試験等を実施

4,正規雇用等への転換・直接雇用の実施

5,転換後6か月分の賃金を支給・支給申請

⇒ 転換後6か月分の賃金を支給した日の翌日から起算して2か月以内に支給申請

6, 審査、支給決定

 

主な概要は、以下の通りです。

 

■正社員化コースの場合

① 有期契約労働者 → 正規雇用労働者:1人当たり57万円

② 有期契約労働者 → 無期雇用労働者:1人当たり28万5,000円

③ 無期雇用労働者 → 正規雇用労働者:1人当たり28万5,000円

<①~③合わせて、1年度1事業所当たりの支給申請上限人数は15人まで>

 

三、平成30年4月からのキャリアアップ助成金の変更点

 

■正社員化コースの場合

 

①1年度1事業所あたりの支給申請上限人数を15人から20人に拡充。

②支給要件の追加

 

・正規雇用等へ転換した際、転換前の6ヶ月と転換後の6ヶ月の賃金総額(賞与や諸手当を含む)を比較して5%以上増額していること。ただし、諸手当のうち、通勤手当、時間外労働手当(固定残業代を含む)及び歩合給などは除きます。

 

四、東京社会保険労務士法人にできること

 

キャリアアップ助成金が施行されるにあたり、従業員の方からのご相談も増えてくる事が想定されます。会社としてどのように対応していくべきかなどのご相談、ご要望がございましたらお気軽にご連絡下さい。

 

【発行】 東京社会保険労務士法人
【担当】 中島 洋一

 

☆ご意見、お問合せはこちらまで

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る