【10月28日】【東京開催】タイ税務への理解がぐっと高まる!タイ税務の基礎知識セミナー

タイ拠点

セミナー概要

近年、産業構造の変化や少子化に伴う人口の減少によって、国内市場の縮小が加速している中、更なる成長を模索する企業は、新興国を製造拠点のみならずマーケットとして捉えるようになり、かつてない勢いで海外進出が続いています。

タイの企業は日本と違い、付加価値税(VAT)や源泉徴収税(WHT)の申告を毎月行わなければなりません。現地の会計スタッフに税務を任せてしまい、税務申告に不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、2019年1月より、タイで移転価格税制が本格的に施行されました。親会社にも絡んでくる重要な内容となるため、しっかりと把握しておく必要があります。

本セミナーでは、親会社が知っておくべきタイの税務及び関連する国際税務のポイントを、弊社タイ拠点のマネージャーが解説致します。

是非ともご参加を賜り、今後の貴社の取り組みにご活用ください。


プログラム

タイの会計・税務

1.VAT(付加価値税)に潜む罠
・概要

・税額控除の仕組み
・VATによるペナルティー

2.WHT(源泉徴収税)に潜む罠
・源泉徴収の仕組み

3.PIT(個人所得税)に潜む罠
・居住性の判定・課税区分・税率

・申告・納税スケジュール
・タイ子会社との給与負担問題

4.CIT(法人所得税)に潜む罠
・概要

・税率

5.親会社への利益の還流方法
・配当及び利息の還流の特徴

・取引による還流

6.タイの税務調査はどう対応すべきか?
・タイの税務調査担当官に付与されている権限

・日本とタイの税務調査の違い
・指摘されやすいポイント

7.PE認定課税における留意点
・PEの定義・ポイント

8.タイで始まる移転価格税制に関して!!
・歳入局の対象となりやすい企業

・移転価格文書作成対象企業の選定
・移転価格文書の作成に関して
・移転価格の求め方


受講対象

・タイ進出をご検討中、準備計画中の企業の方で、タイにおける税務の概要を把握されたい方
・すでにタイに進出している企業の方で、タイにおける会計・税務を担当されることになった新任ご担当者

等々奮ってご参加頂ければと思います。


講師

高橋 周平(たかはし しゅうへい)
株式会社東京コンサルティングファーム タイ General Manager
東京コンサルティンググループ入社後、東京税理士法人に所属し、会計税務の実務、及び各国財務諸表をベースに財務分析によるアプローチのコンサルティングの知識を身に着け、2017年4月より、東京コンサルティングファームタイ法人へ着任。タイでは、約25人の社員を従え、会計税務のみに限らず、労務、法務、様々な分野で日系企業、外資企業の経営サポートを行っている

日時

2019年10月28日(月) 14:00~16:00  開場 13:45

会場

東京コンサルティンググループ 東京本社 オープンフロア
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-5-3 AMビルディング7階
⇒地図

参加費

2,000円(当日はおつりのないよう現金をお持ちください。領収書をお渡しいたします。)


注意

問い合わせフォームのセミナー名、 「10/28 タイ税務の基礎知識セミナー(東京開催)」ご選択の上、お名前、連絡先を記載し、送信してください。

お申し込みはこちら

※都合により開催日時、会場、内容の変更または開催を中止させていただく場合がございます。予めご了承ください。
※なお、誠に勝手ではございますが、同業他社様からのお申し込みはご遠慮ください。
※その他ご質問等は、お気軽にお問い合わせください。【電話:03-5369-2930】

関連記事一覧

フィリピン税務セミナー人気沸騰中!

フィリピンにおける税制改正・税務調査セミナー 東京コンサルティングファーム大阪支社開催