在宅勤務の従業員に対する給与

皆様、こんにちは。

東京コンサルティングファーム・フィリピン支店の伊藤澄高です。

今週は在宅勤務の従業員に対する給与支払いについて、執筆させて頂きます。

例えば結核などの病気に罹患してしまった従業員が、無事に快復されて勤務を再開することもあるかと思われますが、結核などの場合、他の従業員に結核をうつしてしまう可能性があります。

そのような場合、在宅での勤務を許可する企業様もあり、このようなケースでは実際にオフィスに出社していない状況であったとしても雇用契約書に記載してある金額を従業員に支払う必要があります。

これは在宅勤務だとしても、例えば会社のPCを持ち帰って仕事をしているため、就労を行っているとみなされるためです。

実際に出社していなくても、他従業員と同じ月給をもらうことになるため、他従業員からの説明を求められる可能性もあるため、就業規則等で在宅勤務における取り扱いを社内で決められるのがよろしいかと思われます。

今週以上となります。

それでは、今週もどうぞよろしくお願い致します。
 

弊社では、フィリピン進出から進出後の会計、税務、人事および労務まで
すべて対応しております。
お気軽にお問い合わせください。

 

TOKYO CONSULTING FIRM PHILIPPINE BRANCH
Unit 801, 8th Floor, Bank of Makati Building, Ayala Ave.
Extension Cor. Metropolitan Avenue, Makati City, Philippines.
TEL: +632-869-5806,
東京コンサルティングファーム

フィリピン国 マニラ駐在員

伊藤 澄高

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報を基に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。

当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び弊社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTOKYO CONSULTING FIRM PHILIPPINE BRANCH)は、一切の責任を負うことはありませんので、ご了承くださいませ。

関連記事

ページ上部へ戻る