刺客・Business Tax

 

いつもお世話になっております。東京コンサルティングファーム・マニラ支店の早川でございます。フィリピンが3か国目の赴任国になりますが、設立時、どこの国でも、政府機関への当期とは別に、「地方政府」への登録が必要となります。中でもフィリピンはその手数料がビジネスの「刺客」となります。

 

地方政府からの営業許可は、どの企業様も設立時に取得していただくものです。まずこの取得手数料のうち、”Business Tax(事業税)”が入っております。この計算方法は、払込資本金の0.1%です。外資40%以上の企業ですと、払込資本金は200,000 USDが最低額ですので、想定しますと約200USD分はここで徴収されます。

 

そして、毎年1月末までに更新手続き及び更新料の支払いを行う必要があります。この際、前年の売上に基づいて、Business Taxが決められ、更新手数料に含まれてきます。売上のうち何%という計算なのですが、この税率は、業種と管轄の地方政府によって異なります。
ご注意いただきたいのは、売上に税率がかけられる、という点。利益があまり出ていない場合でも、Business Taxが徴収される場合がございますので、十分ご注意ください。

※利益が出ていない場合での徴収の有無等は、地方政府によっても対応が異なります。ご注意ください。

 

 

 

東京コンサルティングファーム・マニラ拠点
早川 桃代

※)記載しました内容は、作成時点で得られる情報をもとに、最新の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性及び安全性を保障するものではありません。該当情報に基づいて被ったいかなる損害についても情報提供者及び当社(株式会社東京コンサルティングファーム並びにTokyo Consulting Firm Co., Ltd.)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承ください

関連記事

ページ上部へ戻る