【※終了】【3月21日】【インドネシア開催】あなたの会社の人事評価制度は形骸化している!? なぜ運用がうまくいかないのか、その原因、教えます!

講師プロフィール

金目 沙織(かなめ さおり)
Tokyo Consulting Firm Indonesia Branch

経営理念の「与えたものが得たもの」に強く共感し、自身の手で人々を幸せにしていきたいという思いから東京コンサルティンググループに入社。 入社後はインドネシアの法人設立の業務に携わり、労務法務及び会計税務の面でお客様のサポートを行ってきた。 2017年12月よりインドネシア子会社へ赴任。
右肩上がりになっていくと考えられるインドネシア経済の波に乗り、 日系企業は勿論のこと、外資や現地企業など幅広い面でサポートができるコンサルタントを目指す。

講師プロフィール

上原 陵(うえはら りょう)
東京コンサルティングファーム インドネシア拠点

「英語×会計」の道を歩むべく、USCPA(米国公認会計士)の資格勉強をしながら海外赴任することを決意。フィリピンにて約1年間の勤務を経て、現在はインドネシア法人に異動。ASEANを主軸に国際的な活躍をすべく、顧客にとっての価値を探求、創造し、社会へ最善の価値貢献をできるよう奮闘している。

セミナー概要

本セミナーでは人事評価制度の期待できる効果のうち「生産性」と「ビジネスモデル転換」にフォーカスし、「生産性を極めると最終的にどうなるの?」と言う部分と、「目標設定の妥当性」のお話をしていく事で、「どうしてあなたの会社の人事評価制度は機能しないのか?」の理由について実際の会社の事例をクイズ形式で学びながら理解を深めて頂き、あなたの会社の人事評価制度に一石を投じます。


セミナー内容

人事評価制度を確かに機能させていく為に必要不可欠な3つの事

1.生産性の最終形態をイメージしているか?
・「量」と「質」
・計測する「基準」は何を基準にして設定すべき?
・突き詰めていくと、ヌケモレがいっぱい

2.それぞれの「役割」と「効果範囲」を知ろう
・一つの仕組みですべては解決できない
・「声なき声」を拾える仕組みがあるか?
・発起点は常に「個人」から

3.制度があってもうまくいかない本当の原因
・「場」の用意と「場の頻度」

4.実践!「適切な」目標設定ワーク
・「経常利益」を目標設定すると、どんな弊害が生まれるかわかりますか?
・販促品提案会社のビジネスモデルから、どんな目標設定をすれば効果が出るか?


受講対象

経営者、拠点長、General manager、人事部長

期待効果

評価制度の重要性を再認識でき、見直しができる。社員のモチベーションが変わり、会社の業績が変わる。


日時

2019年3月21日(木) 15:00~17:00  開場 14:30

会場

MENARA STANDARD CHARTERED,
Floor 18, Jl. Prof. Dr. Satrio No. 164 kelurahan Karet Semanggi,
Kecamatan Setiabudi, Jakarta Selatan 12930
⇒地図

TEL:+62-21-2553-2561

参加費

無料
※定員は6名様までとさせていただいております。

お申し込み


注意

問い合わせフォームのセミナー名、 「3/21 人事評価制度、なぜ運用がうまくいかないのか?(インドネシア) 」 をご選択の上、お名前、連絡先をお書きになり、お送りください。

お申し込み

※都合により開催日時、会場、内容の変更または開催を中止させていただく場合がございます。予めご了承ください。
※なお、誠に勝手ではございますが、同業他社様からのお申し込みはご遠慮ください。
※その他ご質問等は、お気軽にお問い合わせください。【電話: 東京本社 03-5369-2930 インドネシア支社 +62-21-2553-2561】

関連記事一覧